CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ユーロドルを分析 | main | ユーロ円はそろそろ反転か? >>

歴史的円高ってなあに?

普段はテレビをまったく見ないんだけど、たまたま土曜日の深夜にNHKのニュースをみたら「歴史的な円高」って何回も繰り返し言ってました。

もう円高って聞き飽きたので、NGワードにしていただきたい。

どっかの国の首相も「円高に断固として行動する」って発言してます。

そもそも、円高かどうかは、ドル円相場のレートだけで判断するべきではなく、各国との通貨の変動の関係も見ないといけないし、経済状況も加味しないと判断出来ない事。

例えば、日本とアメリカの平均年収を円に換算して比較してみる。

(日本)217万6000円 :(アメリカ)252万円

うーん、、、まぁ、デフレですからねぇ。。。

そこで、諸通貨の相対的な関係で求められた名目実効為替レートに物価水準の推移を加えた実質実効為替レートで比較。

赤の線が、ドル円のレート。
青の線が、2005年を100とした実質実効為替レート。

実質実効為替レートでみると、1970年からの変動幅のド真ん中。

いったい誰のために円高って騒いで、誰のために介入してるのかなぁ?

 本日の 経済指標 をチェック!! +:。ヾ(o・ω・)ノ゜.+

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
 
| 経済の話 | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.0475town.com/trackback/1049937
トラックバック